一番安い引越し業者を探す方法!

一番安い引越し業者を探す方法を解説しています。無料で簡単に最安値で引越しするにはココがおすすめ。


一番安い引越し業者を探そう - 目次

年末年始に引越しすると料金は安くなるか

出来るだけ引越料金を安くしたいという人の中には、年末年始の引越を考えている人もいるでしょう。引越はやはり高校生が大学生になって実家から出る、そして高校生や大学生が就職のために実家を出る三月に行われることが多く、家でゆっくりしたいという人が多い年末年始にわざわざ引っ越すという人はそれほど多くはないからです。では実際に料金は安いのかというと、三月に比べればずっと安いです。


では、年末と年始のどちらの方が安いのかというと、年始の方が安いという傾向があります。なぜ年始の方が安いのかというと、年末の場合、正月は新しい家で迎えようという考えの人が多いので、年始と比べると引越の数が多いからです。


なので、年始の方が暇ということになり、その分、料金が安いというわけです。なので、料金を出来るだけ安くしたいという人は一月に引越を行うようにするといいでしょう。また、一月の中でも、やはり平日に行うというのが安い料金で済ませる基本になります。


そして、時間帯は午後がいいでしょう。というのは、午前中から始めて午後に終わらせたい人よりも、午後から始めて夜に終わらせたい人の方が少ないからです。


料金を安くするにはとにかく、人が利用しない時を狙うというのが基本になります。


引越しを閑散期にする事で得られるメリット

会社での人事異動や進学を機に4月や10月の前に引越シーズンも重なる事が多いです。この為、4月入居に向けた年明けの1月から3月、10月の入居に向けた8月から9月あたりは比較的物件契約が多く、不動産会社も多忙な時期であり、気に入る物件がすぐに契約されてしまう事もよくあります。


特に賃貸物件での引越しを考える場合には時期を見極めて行動するだけでも良い物件に巡り会える確率や融通が利いたり、費用を抑えられたりと様々なお得な事があります。もし、時期にこだわりがないのであれば、引越の閑散期を狙うと良いでしょう。5月から7月、11月から12月あたりが該当します。


人気物件が無くなって気に入る物件が見つからないかもしれないと考えがちですが、キャンセル待ちが出た物件や閑散期に完成する新築物件が狙える時期でもあります。引越時期を閑散期を狙うと良い他の理由としては、大家さんとしても入居者を確保したいためにある程度の家賃交渉にも乗ってくれる可能性も高まり、場合によっては入居費用を安くする事も多忙期よりは交渉しやすくなる他、引越する際に業者を使う場合には自分たちのスケジュールに合わせやすい日程で引越が可能な他、シーズンがずれていると料金も安くなる傾向があります。


引越し前に行う事、洗濯機の水抜きとは

家電品は引越し前には幾つかの事を行っておく必要が有ります。例えば、冷蔵庫は引越しの前の日に中身を全て取り出してから電源コードを抜いておき、冷凍庫などに付いていた霜を溶かして起き、翌朝はその水を捨てておくと言った事が必要になります。また、冷蔵庫は他の家電品とは異なり、新居に到着して直ぐに電源を入れるのではなく、数時間ほど放置した後に電源を投入すると言った事が必要になります。


洗濯機は引越し前日、もしくは当時の朝には水抜きをしておく必要があります。洗濯機の水抜きと言うのは、冷蔵庫とは異なり、洗濯機内部にたまっている水を抜くものです。


水道の蛇口から給水パイプを使って水を給水していますので、パイプの中にも水が溜まっています。この水を抜いてあげるのが水抜きとなります。また、排水溝へ流す水も、パイプを使って排水溝に接続しているため、このパイプ内の水抜きも必要になります。


これを行わないでおくと、輸送中に水がこぼれて来て、室内を水浸しにしてしまう事に繋がりますので、前もってやっておく必要が有ります。また、洗濯機で利用している給水パイプやアース線などは洗濯層の中に入れておくことで引越し先についてから、必要な物を探す手間を省くことが出来ます。


参考サイト:全日本トラック協会
引っ越しで一番安い引越し業者を探すならココ!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ